スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は永遠に生きる          大空 澄人

 
あとがき
人間の本質を知り、生命の実相というものを誰にも分かり易くとの思いから書き記してみましたが、ここに書かれていることは霊的真理のほんの一部に過ぎません。
霊と聞いただけで何やら胡散臭いもののように感じる人もいるでしょう。
しかしどう反論したところで人間は霊であるという事実が覆ることはありません。
特に人生後半の人はこの世を旅立つまでの時間はそう長くはありません。
あちらに行った暁にはここに書かれている内容とご自分の置かれている環境を比べ、実地検証してみてください。
ここに書かれている事が例え僅かでも読者の方の人生の指針としてお役に立てるなら望外の幸せです。
尚、ここに取り上げたもの以外の霊的真理に関する記事は「続いのちの波動」というタイトルでインターネット上に公開しておりますので興味のある方はご一読ください。
スポンサーサイト

人間は永遠に生きる          大空 澄人


                         (節分草  せつぶんそう)
15.   原因と結果の法則
私達が日常する行為や心に思う事、すべてに原因と結果の法則が絡んできます。
「自分で蒔いた種を自分が刈り取る」という事で他人に刈り取ってもらうことは出来ません。
人生は自己責任、これが鉄則です。
良い事をすれば良い結果を招き、悪い事をすれば悪い結果を招きます。
これは実はこの世に生きている間だけでなく死後の世界も永遠に続きます。
この原因と結果の法則は我々がした事を何一つ見逃してはくれないのです。
その働きは電子計算機のように正確で絶対に間違う事はありません。
人間の目はごまかせても神は絶対に見逃してはくれません。
ある人の犯した過ちの清算が生きている内に来なかったとしたら、必ず死後清算しなくてはならなくなります。
逆に善行を積めば必ずそのご褒美を授かります。
この世にいる間になければ死後に授かります。
このように人生の全てにわたって神の法則が支配していることを知るならば悪い事は出来るものではありません。
悪い事をすれば必ず罰せられることが分かるからです。
自分がいま体験していることは何と理不尽なことだろうと思う事が誰でもあるはずです。
世の中不公平じゃないかと文句を言いたくなるものです。
しかし物事を長期でみれば完璧な公平が保たれているのです。
私たちはごく短期的な視野からしか物事を見ることができません。
現在苦しみの真っただ中にいるなら必ずいつか幸せに浸れる時が来ます。
長期でみれば完璧にバランスが取れているのです。
私は聖書はあまり読みませんが確か次のようなイエスの言葉があったと思います。
「悲しむ者たちは幸いです。その人たちは後で慰められるから」
この言葉は法則の働きを表現したものではないかと思います。
神は人間だけでなく宇宙の全てのものをこの原因と結果の法則で支配、統制しているのです。
原因があればその結果が生まれ、それが新たな原因となって次の結果が生まれるという営みが永遠に続いていきます。
法則の働きが神の働きなのです。
私たちはどうあがいてもこの法則に逆らうことは出来ないのです。
この原因と結果の法則を根底にして私たちの人生は展開していきます。
家族や団体や国家にもこの法則が働きます。
そしてそれは機械的かつ自動的に作動するので昔から「結局この世には神も仏もいないではないか」という嘆きが繰り返されてきたと思います。
それは当たっていると思います。
人間が考えるようは神様や仏様は実際にはいないのです。
実際にあるのは この正確無比で、すべてに渡って公正が保たれた法則であり、ある時はそれを無慈悲に感じるかもしれません。
しかしそれが無限の叡智によって考えられた宇宙発展のためのルールであり、人間の理解をはるかに超えたものです。
神とは何かと表現するならばそのルール(法則)を創造した無限の叡智ということになるでしょう。

人間は永遠に生きる          大空 澄人


14.  何故苦しみがあるのか
誰の人生も苦しみの多いものです。
楽しい事や嬉しい事ばかりの人生であればいいのにと思うのが人情ですが そうはいきません。
人は神の配慮によって苦しみを体験し それを乗り越えて行くことによって成長するようになっているのです。
何の苦しみもない人生はあり得ないのです。
本当はこの世に誕生する前からどういう苦しみを体験するかということを
自分で決めて承知の上でこの世に生まれてくるのです。
そういう人生のコースを辿ることを指導霊のもとで決め、
その人生を送るにふさわしい両親のもとで生まれてきます。
生まれる国や場所も当然考慮に入れられています。
日本人であったから再び日本人として誕生してくるということはありません。
過去世において何か神の法則に逆らう事をしていた場合、
そのカルマの解消がこの世でしか精算できないことが分かると自発的に再生を望むようになるのです。
勿論その事は今この世で生きている間は記憶に上がって来ないので
何故自分はこういう事で苦しまなければならないのだろうと思うのです。
今地球上で生活している人の中でカルマの解消を必要としていない人はいないでしょう。
何のカルマもなければわざわざこの地上世界には誕生してくることはないでしょう。
このように私達には苦しみの原因は容易には わかりませんが
何の意味もなく苦しみが生まれてくることはありません。
もちろん最近の自らの行為が招いたものであれば分かるものもあるでしょう。
深遠な神の法則が働いた結果、
さらなる成長の為に苦しみを体験する必要があるから今の苦しみがあると捉えるしかないでしょう。
時間の経過とともに何時しか 苦しみを苦しみと感じなくなってくるものです。
そうありたいと思います。
お釈迦様は苦しみの種類を分類し、
根本的には それらは人の執着の心から生まれているのだから執着を絶つための方便を考えたようです。
それが仏教の骨格になっているようです。
すべてのものは実体がなく移り変わっていくので そういうものに執着しても仕方がないという論法のように思えます。
しかしあまりにそういう論法にこだわると何か新しいものを生み出していこうという気力が失せてしまうと思います。
新たな発明や発見は飽くなき追求心や情熱なくしては生まれません。
またある程度の競争心も奮発材料として必要でしょう。

人間は永遠に生きる          大空 澄人


13.   良心の声が神の声
私達には一人残らず「良心」という神のモニターが植えつけられています。
人はその良心の声に従って生きるべきなのです。
人生は絶えず右か左かを判断しなければいけません。
その連続ですが、人は誰でも良心の声がこちらが正しいと言っているのにその場を取り繕う為に思わずその逆をやってしまうことがあると思います。
そういうことをすると後で必ず後悔する時が来ます。
最後の審判の場面で自分が為すべきことをしなかったことがわかり、自責の念にかられて苦しまなければなりません。
人は良心の声に従って生きていれば決して罰せられることはありません。
良心の声こそが神の声なのです。
様々な宗教では教義というものがあり何やら難しい事が書かれています。
仏教書を読んでも抽象的で分かりにくく、難解な事がさも高尚な事であるかのように表現されています。
そういうことを知識で知っていても実践しなければ何の意味もありません。
どの宗教でも説いている根本は同じです。
自分以外の誰かの為に自分を生かすこと。
困っている人がいたら自分の出来る範囲で助けること。
エッセンスは単純明解です。
これだけでいいのです。
仏教ではすべての人に仏性が備わっていると説きます。
神性と呼んでも同じです。
この苦しみの多い人生を通じて自分の中の神性に目覚めることが私たちの人生の目的なのです。
具体的には「良心の声に従い自分以外の誰かの為に自分を生かすこと」を日常生活で実践していけばいいのです。

人間は永遠に生きる          大空 澄人


12.    神と宗教
世界にはキリスト教、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教など様々な宗教がありますがこれらの大元は同じものです。
それはこの大宇宙を創造、支配している原理であり、言い方を変えれば大自然の摂理なのです。
天地自然の法則、神の法則と言い換えてもいいでしょう。
その法則をインスピレーション(霊示)を通して感じ取ったものをそれぞれの開祖が独自に体系付けたものが今地上にある宗教ということになります。
それはそれぞれに違う事を教えているように見えますが根本は共通です。
民族の気質や気候条件によって宗教の個性というものが出来上がっています。
昔から宗教の対立が戦争に発展してきましたが、本当は違う事を教えているわけではないのです。
仏教が発生したのは  2500 年前、キリスト教は  2000 年前、イスラム教の少し後です。
その時代から比べて人類はどれ程進歩したのでしょうか。
釈迦がいた頃は教えを書き記す紙さえありませんでした。
それよりさらに後の時代でさえ人は地球を中心に他の天体が回っていると思っていたし、船でどこまでも航海を続けていけば地の果てに到着し、そこは滝になっていて落ちてしまうと考えていました。
今や地球人類は宇宙船を使って他の天体にまで到達できるようになりました。
乗り物が発明され人は地球上をどこへでも移動できるようになりました。
インターネットや携帯電話が出来て世界の誰とでも瞬時に情報交換が出来るようになりました。
医療技術も飛躍的に進歩し昔は不治の病と言われたものでも治せるようになりました。
我々は今そういう時代にこの地球上で生活しているのです。
そこで今ある宗教というものを振り返ってみれば仏教にしろキリスト教にせよその当時から進歩というものが止まってしまっているのです。
その宗教が説いているものは今でも間違っているわけではありません。
しかし人類の知識の量と質はその宗教が出来た当時に比べて飛躍的に進歩しています。
今の人類の求めるものははるかに高度なものになっているわけです。
何かの疑問に対し小学生なら満足できるようなレベルの回答でも大人はそれでは満足しません。
いわゆる伝統宗教というものはその伝統と格式にこだわるあまり新しい知識の吸収を拒んできたのです。
死後人間はどうなるのか?
人は何のためにこの世に生まれてくるのか?
なぜ人生に苦しみがるあるのか?
それに的確に答えられる宗教はありません。
宗教も人類の進歩とともに進歩していかなければならないのです。
基本は正しい事を言っているのですからその上に新しい知識を付加していかなければ時代から取り残されてしまうのです。
実は20世紀に入ってから霊界から人類の意識改革の為に地上の世界に向けて啓示が降ろされるようになってきました。
それは霊界の上層部で綿密な計画が立てらてた大掛かりなものです。
すでにそれらは書籍として発売されてその気になれば誰でも読むことができます。
「シルバーバーチの霊訓」はその代表的なものです。
その特徴はこれまでと違って一人の教祖が現れて教えを説くのではなく私達一人ひとりに直接もたらされるようになっています。
魂に受け入れ準備が出来た人から一人ずつ真実に目覚めるようになっていきます。
また霊感のある人には直接啓示が入ってきます。
一人一人が進化向上をしそれが世界規模で広まりつつあります。
決して目立つことなく少しずつではありますが確実に人の心の中に育ってきつつあるのです。
この冊子はこの霊界からの教えを基にして私自身の人生体験を通じて実証された誰にも分かり易いものを取り上げて編集してみました。
ここに書かれていることはその教えのほんの一部にすぎません。
生前のお釈迦様や弘法大師の教えは絶対的なものでしょうか?
残念ながらそうではありません。
彼らが活躍した時代の人々の知識のレベルに相応したものでした。
時代が進んで人間が進歩してくるとさらに進んだものが求められるようになります。
すると新しい時代に応じた知識が霊界から啓示されるようになります。
それはその時代の人々の理解力より少し進んだものになります。
進み過ぎたものは人間には理解出来ないのです。
例えば釈迦や弘法大師の霊はこの世に再生していなければ霊界にいるでしょう。
彼らは現在、霊界で当時に比べて飛躍的に進歩しているはずです。
彼らは地上の人達が今も尚、当時の姿の自分を崇拝しているのを見てどう感じるでしょう?
いい加減で真実に気づいてくれよと思っていないでしょうか。
人類は永遠に進化向上していきます。
それは終着駅のないものです。
これで終わりというものはありません。
宇宙は際限のない進化向上を目指しているからです。
その機構を作ったものが神ということになります。
神とは人間の理解力をはるかに超えた無限の叡智です。
目には見えず触れも出来ず、すべてのものに顕現し、人間の一つの細胞から巨大な天体まで、そして全宇宙のものを支配、統制しているのです。
そして私たちが真に信仰の対象とすべきものは個々の偉人ではなく、ここに表現されている存在であり、それが唯一神と呼べるものなのです。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Author:かの
健康だけが取り柄の私
2013年夏に乳がんがみつかり
術前抗ガン剤⇨手術⇨放射線治療⇨現在ホルモン療法中
スピリチュアリズムに出会い
生き方考え方が180度かわり
霊的真理を広めるため奮闘中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。