人間は永遠に生きる          大空 澄人

8   霊界の審判
人にもよりますが大体死後数日以内に自分が人生でした行いを指導霊の元で見せられます。
次々とスクリーンに現れる自分の行いが果たしてどういう事だったのかが分かります。
肉体と離れたら人は煩悩が自然に取れていきます。
誰でもこの世ではわがままを押し通したり、良くないこともしているものです。
その時点では見えなかったものがはっきりと見えるようになります。
そして自分がした事を悔やむようになります。
どうしてあんなことをしてしまったのだろう、あの人に謝らなければ気が済まないと思うようになるのです。
極端な例として人を苦しめた独裁者はそれを見た途端、自分がやったことの重大さに驚愕して発狂してしまうことがあります。
その苦しみは終わるという事がありません。
苦しみから逃れる方法はもう一度この世に戻るしかないことが分かってきます。
そこでこの世にもう一度生まれ変わって償いをすることを決心し、あまり間をおかずこの世に生まれ変わってきます。
そして精神に異常をきたしたまま生まれてくることになり、自分が人に与えた苦しみを自分が味わうことによって償いをすることになるのです。
そういう例は極めて稀ですがそのようにこの世でひどい事をすると必ず死後の世界ではその罰として償いをしなければならないのです。
この世だけ見ていたらわからないわけです。
世間はその人はひどい事を一杯したのに一生何もなかったではないか、悪い事はやり得だなと思うかもしれませんが、神は絶対に見過ごしてはくれません。
悪い事をすれば必ず懲罰が下ります。 
生前に良い事をした人は良い所に行き、悪い事をした人は悪い所へ行きます。
自分のしたことの結果が正確に死後の世界の落ち着き先を決めるというわけです。
結局自分の人生は自分が作っているのです。
それはこの世においても同様ですがこの世は嘘やごまかしが効きます。
ところがあちらに行くと一切嘘やごまかしは効きません。
自分の本質が誰の目からも丸見えになってしまうのでどうしようもないのです。
この世での社会的地位や権力は何の意味も持ちません。
どれだけ心が成長しているか、人や世の中のために尽くしてきたかということがあちらでは意味をもってくるのです。
それは心の財産であり、お金、名誉、権力その他のものはあちらでは無力なのです。
俺は偉い人間だったと威張ってみても誰も相手にしてくれないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かの

Author:かの
健康だけが取り柄の私
2013年夏に乳がんがみつかり
術前抗ガン剤⇨手術⇨放射線治療⇨現在ホルモン療法中
スピリチュアリズムに出会い
生き方考え方が180度かわり
霊的真理を広めるため奮闘中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR